印刷

進学指導特別推進校

「進学指導特別推進校」の指定について

 

 東京都立駒場高等学校が東京都教育委員会から、「進学指導特別推進校」に継続して指定されました。

「21世紀を拓くリーダーを育てる文武両道の進学校」の達成とともに、難関大学を中心とした進学実績の向上を目指す学校として東京都教育委員会から支援を受けるものです。

 

1 指定の経緯

 

 平成19年4月に取りまとめられた新しいタイプの高校における成果検証検討委員会の報告では、「生徒の進学希望に応え、学力向上に向けた進学指導を推進することが重要である。このため、進学指導研究協議会参加校の内から、進学指導重点校レベルの進学実績を目指せる学校を、新たに進学指導レベルアップ校(仮称)として数校選定し、難関大学等への進学実績の向上を目指すことが適当である。」と提言している。 こうしたことを踏まえ、都教育委員会が、進学指導レベルアップ校(仮称)を「進学指導特別推進校」の名称で指定し、進学指導体制を充実し、安定的な進学実績の確保に取り組むものです。

 平成24年度で終了し、平成25年度より新たに継続して指定され現在に至ります。

 

2 指定された学校

 

 本校の大学への合格実績、進学指導に対する取組状況等が総合的に判断された結果、他の5校とともに指定されました。

駒場高校 (新宿高校、町田高校、国分寺高校、小山台高校、国際高校))

 

3 指定期間

 

平成30年度から平成34年度まで(5年間)引き続き指定されています

 

 

4 都教育委員会の支援策

  • 進学指導を重視した教育課程の編成
  • 公募制による指導力のある教員の配置
  • 進学対策のための教科研修
  • 進学指導の充実に向けた取組状況と成果の都民へのPR
  • その他、進学指導の充実に必要な措置

 

5 その他

 

 進学指導特別推進校における指導方法の改善などの成果を、他校にも提供することにより、都立学校における進学対策全般のレベルアップに役立てる。

 

〒153-0044 東京都目黒区大橋2-18-1
電話 : 03-3466-2481 ファクシミリ : 03-3466-5240